2017年3月26日「神さまからの3つの祝福」(聖書 詩篇139:13〜17、中心聖句 ヨハネ15:16) ( 3.30/2017 )
説教者:横田法路師

聖書 詩篇139:13〜17、中心聖句 ヨハネ15:16

詩篇
139:13 あなたはわが内臓をつくり、わが母の胎内でわたしを組み立てられました。
139:14 わたしはあなたをほめたたえます。あなたは恐るべく、くすしき方だからです。あなたのみわざはくすしく、あなたは最もよくわたしを知っておられます。
139:15 わたしが隠れた所で造られ、地の深い所でつづり合わされたとき、わたしの骨はあなたに隠れることがなかった。
139:16 あなたの目は、まだできあがらないわたしのからだを見られた。わたしのためにつくられたわがよわいの日の/まだ一日もなかったとき、その日はことごとくあなたの書にしるされた。
139:17 神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いことでしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。

ヨハネ
15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつまでも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんでも、父が与えて下さるためである。


 神様が私たちに与えて下さる祝福はたくさんありますが、その中で今日は3つの祝福を見て参りましょう。

1.神の作品 God’s Creation (エペソ2:10)
 私たちは、神の作品です。作品とは、製品ではありません。作品とは、作者の魂が込められた芸術品のようなものです。かけがえのない、ユニークなものです。神様は偉大な芸術家なのです。他の人と比べる必要はないのです。私たちを誰かのコピーになるように創られた訳ではありません。一人ひとりを大切な神の作品として創られているのです。神様は私たちを未完の作品として、完成するまで成長するよう創り続けてくださるのです。人生思うようにならないこと、失望落胆することもあるかもしれませんが、神様が偉大な芸術家であることを忘れないようにいたしましょう。弱点、欠点、汚点と思えるようなものをも用いて、素晴らしい神の作品に創り上げてくださることでしょう。「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる(Uコリント12:9-10)」。弱さは恥ではなく、神様の恵みはその弱さの中にあらわされていくのです。

2.神の子 God’s Child (マルコ1:11)
 私たちは神の子どもです。イエス様は神の子ですが、神様がイエス様を愛され、喜ばれたのは、イエス様が奇跡をされたからではありません。ただ神の子であったからです。イエス様を信じ受け入れた者も神の子として生まれ変わります(ヨハネ1:12)。私たちは自分の子どもに対して無償で全てを与えます。ましてや、天の父なる神様は神の子である私たちを愛し、守り、導き、育てて下さるのです。子どもだからと言って、何でも欲しいものを与えられる訳ではありません。最善と思うもの、必要なものを与えて下さるのです。イエス様を信じ受け入れるだけで、神の子となることができるのです。目の前に不安なこともあるかもしれませんが、この神様の愛をもっと大胆に信頼して受け取って参りましょう。

3.神の召し God’s Calling (ヨハネ15:16)
 イエス様が選んでくださったのですから、決して手離されることはありません。そして選ばれただけでなく、使命を与えてくださるのです。恵みの実を結ぶための場所を用意し、そこに置いてくださるのです。その人その人におるべき場所を用意してくださり、そこに植えられ、そこで実を結ぶことができるようにしてくださっているのです。時には、その場所を嫌だと思うこともあるかもしれませんが、置かれた場所で咲くように、自分の方から変わっていくことです。御霊の実、人格の実を結ぶことです(ガラテヤ5:22)。甘い実は厳しい環境の中でこそ結ばれるのです。また、人々を救いへ導く救霊の実を結ぶことです。置かれた場所でしか出会うことのできない人がいるのです。その人にイエス様を紹介していくことができるのです。時には、別の場所に移されることもあるでしょう。その時までは、置かれた場所でしっかりと根を張って参りましょう。忍耐が必要ですが、時が来ると実を結ばせてくださることでしょう。その実を通して、神様の御栄光をあらわすものとなりますように。

TOP