20170813 「神の恵みによる選びを感謝する」 横田武幸師 ( 8.18/2017 )
「神の恵みによる選びを感謝する」 横田武幸師

聖 書 ルカ17:11〜19  中心聖句 ルカ17:17
ひどい皮膚病で家族と一緒に生活できず隔離されていました。「イエス様助けて下さい」。このような切なる祈りをささげたことありますか。経験がないのは気の毒です。経験は無駄ではなく、神様の恵み、助け、力を体験する時なのです。「悩みの日にわたしを呼べ・・・」(詩篇50:15)、「求めよ、そうすれば・・・」(マタイ7:7〜8)。癒されたことがわかって、みんな喜んで家に帰りました。たった一人お礼に来ました。あとの九人は家に帰ってしまい、神様につながらないのです。
イエスの愛、十字架の赦しはその程度のものですか。どんなに感謝しても感謝しきれないほどの恵みではないですか。「あなたがたの救われたのは・・・」(エペソ2:8)、神様からあなたへの特別なプレゼントなのです。
私は17歳の時に救われ、早天祈祷会でお祈りしていて変わりました。この体験をした時、一番最初に母親に語りました。「僕はクリスチャンになりました。お母さんも信じて下さい」、母は熱心な仏教徒で、信じると言わないから悲しくなりました。父親にも話しました。「やり始めたら途中でやめるなよ」と言われました。後になって、両親も姉も弟家族も救われました。小さい信仰、一粒の麦ですが、芽を出し、実を結びかけたのです。主イエスを救い主として信じますと言いさえすれば、あなたの人生はキリストが守り、困難な時も抱えるようにして導いて下さいます。
信じる者は本当に幸いです。神様のご命令で福岡に行きなさいと言われ、最初は涙流して反対しました。「従いなさい」と言われ従った、それがよかったのです。ある牧師夫人に「どうしたら先生の教会のようになるんですか」と聞かれました。「イエス様を信じて、イエス様が言われた通りに歩くだけですよ」、私はこれが秘訣だと思います。私たちは目が二つありますが、前に付いています。後ろも横も見えません。私たちが最善最高と思っても、ほとんど見えない世界が多いのです。私たちはどんなに神様が恵み深いお方かわかったと言っても、まだまだわかってないほうが多いのです。信仰によって御言葉に従う人生は、エレミヤ29:11の約束のように、あなたがびっくりするような計画があるのです。
今、苦しいことの真っ只中ですか。大丈夫です。キリストはあなたを握りしめて下さいます。眠れない夜、落ち込む時、キリストの愛はあなたを守って、そこから引き揚げて下さいます。困難な時、私はダメだと思いません。これは後になると利いてくるぞと思います。レベルの低い私の目から見るとどうしてと思うことがあっても、神様は全知全能の神、とことん愛し、守り助けて下さる救い主です。このお方が導いていて下さるから大丈夫なのです。
「あとの九人はどうしたのか」。喜んでいるけど感謝が足りません。神様は次のステップを用意しておられます。どうしてもっと神様の約束、御言葉を信頼してついて行かないのですか。「限りのない愛をもって・・・」(エレミヤ31:3)、私はその神様の愛に応えたい、証ししたいのです。信じる者には永遠の命がある、この地上だけではない、来るべき世においても神の恵みに与ります。信じて行こうではありませんか。主よ、終りまで仕え奉らん。 

TOP